2015 年 10 月 18 日

第61回全国珠算研究集会

カテゴリー: 研修会 — 愛媛県支部 @ 1:35 PM

 アップが大変遅くなりました。
 平成27年3月29日、鹿児島市で全珠連主催「第61回全国珠算研究集会」が、全国各地より510名が参集し、盛大に開催されました。
 基調講演は、明治維新の功労者・西郷隆盛の曾孫である鹿児島県薩摩焼陶業協同組合理事長・西郷隆文氏による「薩摩の郷中教育と薩摩焼」でした。
 6才から結婚まで先輩が後輩を教育するという薩摩独特の郷中(ごじゅう)教育の説明がなされ、教えることとは自らが学ぶことであると再認識させられました。
 研究発表は「そろばん教室に通う気になる子供」 ―発達障がい者への取り組み―鹿児島県の戸山沙織氏でした。
 プレゼンテーションは「算数チャレンジ検定について」、さんすう検定検討委員会の岡久泰大委員長・小沼光浩委員・前田珠樹委員より詳細な説明がなされました。
kekyuIMG_0135_1IMG_0131_1