第65回全国珠算研究集会

 平成31年3月31日(日)青森市の「リンクステーションホール青森」において、第65回全国珠算研究集会が開催されました。愛媛県支部から4名参加しました。全国では416名の参加でした。

 研究集会
   講演 「青森が世界に誇る芸術家-棟方志功」
        一般財団法人棟方志功記念館館長補佐 武田公平 氏
   研究発表  「さかのぼり珠算史・帰除法の実習」  
          発表者 大垣憲造 氏(大阪府)
   実践発表 「矯正教育としての珠算の役割」
          ~“立ち直り”の一助に~
           発表者 関谷揚子 氏(岩手県)

 前夜の珠算指導者教養講座 
  「古典文学の中の『数』について」
   ~昔の人は『数』をどうとらえていたか~ 
   八戸学院大学短期大学部客員教授 三村 三千代 氏




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です